社会のために

SDGs

持続可能な開発目標とは

SDGs(エスディージーズ)とは、2015年9月の国連サミットで採択された(Sustainable Development Goals)すなわち、「持続可能な開発の為の2030アジェンダ」に掲載された2016年から2030年までの国際目標のことを指します。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており、 地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、 日本としても積極的に取り組んでいます。

JAPAN SDGs Action Platform(外部省:外部リンク)
持続可能な開発の為の2030アジェンタと日本の取り組み(外部省国際協力局発行)

株式会社山口塗装では、事業を通じてSDGsに取り組み、持続可能な社会の実現に向けて貢献してまいります。
また施主様、関係者様、地域の皆様と協力し、そして地域と未来に貢献できるよう積極的に取り組んでいきます。

山口塗装の取り組み

株式会社山口塗装では、戸建・集合住宅・公共施設等の外壁塗装・防水やリフォーム工事を承っています。フロンやアスベストなどの大気汚染物質は、自社による環境に配慮した工法で施工を行います。

外壁塗装・防水やリフォーム工事を通して、健康で快適に暮らしていただくためのまちづくりに取り組みます。

また、工事現場にて発生する廃棄物の管理を徹底することで、環境上の悪影響の低減に取り組みます。

具体例

ただ直すだけではなく、環境に配慮し二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減できる塗料や、抗菌・殺菌効果のある塗料、長く住み続けるため遮熱・断熱・不燃材の使用などを積極的にご提案しています。

また工事の際は、住民やその地域の環境に配慮し、溶剤系の塗料等は使用せず水性塗料を使用し環境保全に努めています。

株式会社山口塗装では、水問題の解決のためには,雨水活用の技術開発と共に雨を活かす人材の育成に取り組みます。

具体例

事務所の樋から雨水タンクを設置し雨を溜めて利活用すること(雨水活用)は水資源の確保,地震等の被災対策(都市のレジリエンス強化)に繋がる.

株式会社山口塗装では、工事で発生する鉄くず・紙くず・ダンボール・木材等はリサイクル業者へ回収を依頼し、地球資源の抑制と保全に貢献します。

具体例

工事の際に発生する廃棄物処理の管理を徹底することにより、環境負荷の低減へ取組む。

株式会社山口塗装では、取引関係にあるパートナーとの関係を強化しなければ、経営理念である「お客様に満足していただける品質・安全を提供する」は成し得ないと考えています。

一時的な関係性ではなく、長期的なパートナーシップの構築を目指し、お互いが社会に役立てる事業を提供します。

今後はグローバル人財の採用も含めて世界とのパートナーシップを強化して参ります。

具体例

外国人実習生の積極的な受け入れ

異業種交流活動などを通じて、同業種・異業種・異文化間の連携を強め、異なる技術や考え方などを新たな発想や技術に転換・変化・進展させ持続可能な開発目標の加速を目指しています。

エコアクション21

エコアクション21とは

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取り組みを行うことが必要です。事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取り組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度が、エコアクション21認証・登録制度です。

弊社もエコアクション21の認証を取得しており、ゆとりある環境と継続可能な社会を築くためにガイドラインに基づいた取り組みを行っています。

認証

現在、認証登録に取り組み中です。

認証・登録事業者 
事業活動 
対象事業所 
認証・登録日 
更新・登録日 
有効期限 

認証・登録番号:0000000

川崎市防災協力

川崎市防災協力とは

事業所も地域の一員として、平常時から地域活動を通じて、地域との交流を深めるとともに、災害が発生した直後、できる範囲内で防災活動に協力し、被害の軽減や地域生活の早期復旧のため、貢献する川崎市の実施する制度です。

登録事業者番号0000246
登録(変更)年月日令和元年5月7日
事業所名株式会社山口塗装
所在地川崎区渡田新町3丁目7番10号
連絡先044-344-1359
平常時における協力内容 
災害時における協力内容
  • 避難誘導
  • 日用品(タオル、軍手、雨具、懐中電灯等)
  • 衣類・身の回り品(服、防寒着、下着、タオル等)
  • 一時避難場所等の提供(駐車場)

かわさきカーボンゼロチャレンジ2050

かわさきカーボンゼロチャレンジ2050に賛同しています

気候変動の影響は遠い未来の話ではなく、今まさに私たちの生活に大きな影響を与えており、世界全体で危機的な状況です。川崎市でも、令和元年東日本台風(台風第19号)では、浸水等による多大な被害が発生するなど、気候変動は差し迫った課題であり、気候変動の影響を抑えるには、2050年のCO2排出実質ゼロの達成が必要です。

川崎市は、脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定し、脱炭素社会の実現に向け、多様な主体との協働の取組を加速化し、川崎発のグリーンイノベーションを推進していき、市民・事業者・行政が一丸となって、2050年CO2排出実質ゼロを目指していきます。

弊社は、川崎市が推し進める脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ 2050」の賛同事業所です。

木材の利用促進、省エネ住宅の供給および普及促進等の事業活動を通じて、川崎市が掲げる脱炭素社会の実現に貢献してまいります。